それは2019年2月のことでした

 2019年2月のある日、知人よりメッセージが届きました。
それは、個人事業でやっていた福岡県宗像市のアレルギー対応親子カフェLINUS&Co.VEGGYの「アレルギーっ子が食べられるおやつ」を、とあるクラウドファンディング企画の返礼に使いたいとのご連絡でした。

 LINUS&Co.VEGGYには食物アレルギーで、市販のおやつが食べられない子どもたちがたくさん遊びに来てくれます。いろいろあるメニューの中でも大人気の焼きドーナツ・・・焼きドーナツを製品として販売することで、アレルギーっ子やそのママ・パパたちのためにできることはないかな?と考えていた私には、渡りに船!のありがたいご連絡。さっそく焼きドーナツ製品化企画がスタートすることになりました。

 でも、カフェとしての飲食営業の許可しかもっていないLINUS&Co.VEGGYで製造したものを販売することはできません。
製品として店内以外で販売するには、「製造許可のある施設での製造」が必要なのです。すぐに販売できる形にしたかった私たちはさっそく委託で製造を請け負ってくださる業者さんを探しはじめ・・・・・・でも、なかなか見つかりません。
 見つかっても、アレルギーのある方に安心して食べていただくとなると、普段卵や乳製品、小麦粉を使用している施設では対応が思ったよりもむつかしい・・・ということで何人も断られてしまいました・・・

アレルギー対応のおやつの製造場所が見つからない。

 さぁ、困りました。どうしよう・・・このままでは製品化できない。いろいろな方に相談した結果、よしっ、委託製造ができないのなら、自前でアレルギー対応専用の製造工房を作ってしまおう!!とびっくりな展開に発展!

 最初から卵や乳製品、小麦、ナッツなど入室禁止の工房での製造ならば、安心です。
でも、そのためにはたくさんお金が必要です。そこで、2019年12月末、キャンプファイヤーさまのサイトにて、工房を作るためのクラウドファンディングに挑戦することにしました!私にとってははじめての挑戦で、大冒険でした。

クラウドファンディングに挑戦しよう!

 クラウドファンディングの期間は2020年1月末までの約1ヵ月間。一生懸命、気持ちをお伝えした結果、144名もの方にご支援いただき、無事サクセス!!本当にありがとうございました!
 たくさんの方の応援のおかげで福岡県宗像市の小さなアパートを改装したアレルギー対応専用のおやつ工房が誕生することになったのです。

でも、まだまだ試練は続きます・・・

 製造場所の問題はクラウドファンディングで解決したものの、つぎの問題は賞味期限でした。
一般のお店で焼き菓子を製品として販売する場合、仕入れる方は、販売できる期間の長いものを希望されます。

 でも、もぐもぐぽけっとドーナツは、米粉にメープルシロップと菜種油などを混ぜてつくる素朴な焼きドーナツ・・・カフェでは焼いた翌日までしか販売しないおやつです。そう長く保管できるものではありません。レシピを変更したり、焼き方を変えたり・・・・目標は常温保存で3週間!!
何度も何度も、分析センターにドーナツを持っていき、食品研究の先生方に相談しました。
 ですが、結果・・・現状、常温3週間というのはとても無理(涙)ということが分かりました・・・・・  

 となれば、賞味期限が短いけれど、それでも!といってくださる方を探すしかありません。ならば、特別なドーナツになればいい!
 どうすれば、いちばんおいしくお召し上がりいただけるか。これも何度も何度も試作を繰り返し、完成したのが今の「もぐもぐぽけっとドーナツ」なのです。

ドーナツの印象をガラっと変えるふわっふわの焼きドーナツ♪

 では、最後にもぐもぐぽけっとドーナツの食べ方をご説明いたします。

  1.  ドーナツを個包装から出して、ひとつづつラップで包んでください(またはお皿にだしてラップをかけてください)
  2.  500W~700Wの電子レンジで40秒
  3.  ふわっふわになったら出来上がりです♪

 もぐもぐぽけっとドーナツは、ふわっふわのほわほわをお召し上がりいただいても十分おいしいおやつですが、アレンジも楽しいおやつです。こちらのHPでもアレンジをご紹介していきますので、参考にしていただけると嬉しいです。
また、 #もぐぽけドーナツアレンジ のタグをつけてSNSなどに投稿していただくのも大歓迎!こちらで気が付いたものはどんどん紹介させていただくので、ぜひ投稿してくださいね☆もぐぽけドーナツはみなさんの応援で元気になるおやつです。これからもどうぞよろしくお願いします